HOME > 人形劇企画
人形劇企画 / Produce
人形劇「なきむし元気くん」企画制作
1998年10月17日、岡山県に上陸した台風10号は、県内各地に大きな被害をもたらしました。
この台風により氾濫した吉井川が津山市を襲いました。石岡牧場から濁流にさらわれた生後6ヵ月の小牛が、およそ90キロ離れた瀬戸内海の黄島で無事発見されました。

漂流から約50時間ぶりに奇跡的に助かったこの子牛の冒険を題材とし「災害にあっても諦めない」強い気持ちを持つことの大事さを皆様にお伝えするべく、台風災害教育用の人形劇「なきむし元気くん」を企画・制作しました。

また、人形劇「稲むらの火」プロジェクト劇団とのコラボレーションにより、日本の津波災害の顕著な記録を、防災教育に役立ててもらうため学校や企業のCSR事業に参加させていただいています。

このような活動を通じて、防災教育推進を株式会社マークではお手伝いさせていただいています。

なきむし元気くん


稲村の火